城喰 シロクロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

城喰の世界観

身分階級

八羽徒八州(やわとはっしゅう)には、帝を頂点にした階級制度がある。

世界を支配する「天上人」と、それ以外の「人間」に大別され、以下の階級が存在している。

天上人

八羽徒八州を治める最高権力者。貴族の中から選ばれる。現在は武家の出であった白薙尊氏が選ばれ、白帝となっている。

貴族

古来よりの血筋を伝える特権階級。その実体は謎。

人間

武人

貴族から名をもらい、領地を護る守護侍。

領主となって国を治めるものは武将、村などにいる守護専門職は地侍と呼ばれる。

また、その土地に根付いた武人を土豪と称する。黄州那賀郷の郷長などが土豪にあたる。

農民

国の基本単位となる、田畑を耕し農作物を年貢として納める人々。土の扱いに精通している。

兵役として召集がかかると、戦に駆り出されることもある。

土見師、草見師が属する。

山人

山に暮らす、狩猟などの専門家。弓などの扱いに長けている。土地に定住しないため、流人とも呼ばれている。

また、岩石や鉱石などの採掘などを行うものも多く、特に代手の玉石を掘る職人は重宝される。

石見師、穴見師、木見師が属する。

水人

川や海を拠点とする、漁業の専門家。船の扱いに長けている。

水人の中には川で材木を運んだり、海で荷物を運んだりと運輸業を営むものもいる。治水に関する知識も豊富である。

水見師が属する。

森人

林業や野草の採取などを行う山の人間。草木の扱いに長けており、素材を選び採取する。

薬などを商うものもいる。

草見師、木見師が属する。

職人

鍛冶や大工、細工など、素材の加工を行う職業。

金見師、火見師、木見師、石見師、土見師がこれにあたる。

商人

商人同士の組合《座》によって値段などの取り決めが行われている、閉鎖的な集団。

術師

代手を扱う専門家。代手使い。

玉石から代手を作成したり、天手と繋がり代手を扱って、術者の能力に応じて様々な事象を起こせる。

学士

学問などの研究などを行う専門家。

歴史や戦術など、様々な専門家がいる。戦場において軍師・参謀としても活躍する。

州公認の学問所などに所属し、日々、研鑽を重ねる。

Loading...